妊活中の葉酸

妊娠しているママと子供

妊娠中の女性が必要な栄養素として葉酸があります。

葉酸は赤ちゃんの細胞分裂や成長に欠かせない栄養素として、一定量の摂取が推奨されています。

しかも葉酸には、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させる効果も期待できます。

そのようなことから厚生労働省も葉酸の摂取を推奨していて、妊娠中はもちろん妊活をスタートさせる女性にも葉酸は欠かせない栄養分となっています。

厚労省e-ヘルスネット参照

葉酸を食事から摂取しようと思うと結構大変です。

というのも食物に含まれている天然葉酸は、合成葉酸と比較すると吸収率が50%以下と言われています。

葉酸が多く含まれている野菜としてほうれん草があります。

ほうれん草で葉酸の一日の必要量である400μgを摂取しようと思うと、7~8束は食べなければなりません。

しかも葉酸は毎日摂取する必要があるので、毎日ほうれん草をそれだけ食べるとなると続きませんよね。

そういうこともあり、吸収率でよい合成葉酸をサプリメントで摂取することを厚生労働省は推奨しています。

サプリメントより食べ物から摂取した方がナチュラルで体に良いイメージもありますが、実際のところサプリメントによる摂取の方が効果的に葉酸を吸収することができるのです。

妊娠してから半年以上は葉酸を摂取したほうがいいので、そうなると1日1~3粒程度のサプリメントを飲む方が継続しやすいですよね 葉酸サプリメントには天然葉酸と合成葉酸の2種類がありますが、モノグルタミン酸型と呼ばれる合成葉酸を配合した葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

一日400μg 以上の葉酸を効率よく摂取するためには、天然より合成の葉酸が生体利用率が断然いいからです。

葉酸サプリには他にも鉄分やカルシウム・ミネラル・ビタミンなどが配合されていますので、それらの成分にも配合量や内容をチェックしておきましょう。

大切な赤ちゃんを健康に育むために飲むサプリなので、素材や製造の安全性なども確認した上で葉酸サプリ選びを行いましょう。

男性にも効果がある葉酸はいつからとると良いか

赤ちゃんの画像

葉酸は妊娠前から妊娠初期にかけてとるとよい栄養素です。

妊娠初期はお腹の赤ちゃんの細胞分裂が盛んで、遺伝子に関係するDHAの合成も促しています。

葉酸は水溶性ビタミンで熱に弱く、洗い流すとさらに栄養素がなくなってしまうため妊娠を考えている時からとるのが望まいとされています。

妊娠初期でおきやすい神経管閉鎖障害と呼ばれる先天性異常も抑えることができるため積極的にとるようにします。

女性のための栄養素のように感じますが、男性も取ることが大事です。

男性の場合もまた、摂取した量と精子の染色体異常には関係があるとされています。

健康な男性でも精子の中には4%ほど染色体異常のものがあります。

染色体異常が多いと妊娠しても流産をしてしまったり、ダウン症やターナー症候群の子供が産まれたりする可能性があります。

いつからとると効果があるか、という点では精子が体内で作られる期間は3か月と言われています。

子供が欲しいと考えた場合は、3か月ほど前から葉酸を取ることが大事になってきます。

葉酸はほうれん草やレバー、豆類、小松菜などに多く含まれています。

ですが、1日の摂取量を意識してしまうとなかなかうまく取れないことが多く、栄養が偏る危険性もあります。

また、水溶性ビタミンのため体内に残しておくこともできません。

毎日継続してとることが大事ですので、食事からまかなえないときはサプリメントを利用すると良いでしょう。

その際、余分なものは排出されますがレバーを多く食べたときなどはサプリメントからの摂取を控えると過剰症にならなくてすみます。

葉酸のとりすぎもデメリットがあるので注意しましょう

男の子の赤ちゃんの画像

葉酸は別名ビタミンMまたはビタミンB9などと呼ばれる水溶性ビタミンでもあり生理活性物質の一種です。

特に女性が妊娠中の場合には摂取することでおなかの赤ちゃんと母体の両方を守る働きがあるため重宝されます。

摂取することで赤ちゃんの先天異常を防ぐ役目を果たす上に妊婦の健康維持を保つ働きがあります。

葉酸は他にも赤血球の合成や皮膚及び口の粘膜を強化するなど様々な薬効があるため、からだに良い成分として良く知られていますが実はとりすぎても中にはデメリットをもたらすことがあるため注意する必要があります。

とはいっても水溶性ビタミンの一種ですので摂りすぎた場合体外に排出される可能性が大きいので通常使用している限りは問題になることはほとんどありません。

ただ、葉酸を飲む時間帯によっては胃腸に負担をもたらすことがありますので注意します。

過剰摂取した場合には薬効がかえって悪くなってしまう可能性やビタミンB12の発見を弊害する性質を持つため貧血になる可能性があるなどの報告例があります。

そのため、できればとりすぎに気をつけながら正しい方法で服用したほうが良いでしょう。

抗がん剤を使用している人はできるだけ飲まないようにすることとされます。

相性が悪く、服用することでアレルギー症状がでることが指摘されているためです。

就寝前に水と一緒に葉酸を使用したサプリメントを飲んでいくようにすると、効果が最も働きやすくなります。

葉酸摂取が遅れて後悔している女性の口コミはコチラ>>もっと計画的な妊活をしておけばよかったと後悔してます

Copyright © 妊活で葉酸はいつから飲み始めるの?. All rights reserved.